www.gabrielleanwar.org

.

.


美容師をしていた頃はお客様からクレームを受けることがよくありました。 仕事の性質上、無縁ではありません。 パーマのかかり具合やスタイルの仕上がりが希望に沿ったものかどうかを判断するものさしは、あくまでもお客様の感覚です。 そのものさしは、お客様によって違います。 ですから何年ものキャリアを積んでも、新規のお客様を担当するときは緊張します。 気に入ってくれたかどうかの判断の一つは、帰り際のお客様の表情です。 にっこり笑って「ありがとう」と言ってくれる人は、次回も必ず来店してくれます。 けれどそうでない場合もあります。 それも感覚でわかります。 仕上げに入ってスタイルが完成に近づいていく時のお客様の表情からそれを読み取ることができるのです。 そういう時は、クレームにつなげないために、その場でできる手直しをします。 できない作業ならこちらから一声かけます。 「もしおうちに帰ってやりにくいところがあったらいつでもいらしてくださいね」と言っておくと、お客様との関係を損なうことなくスムーズに手直しができますし、次につながります。 それができるようになったのは、自分のキャリアを積んでからです。 直接顔を見ながらのクレーム処理ですから、相手も言いにくいに違いないと思うようになってからは、自然とそう言えるようになりました。 自分の仕事に自信が持てなかった頃はクレームを受けるたびにへこんだものでした。 そんな時、先輩から言われました。 「クレームでも言いにきてくれるだけいいんだよ。本当に嫌ならクレームすら言うことなく二度と来店しないんだから」 本当にそのとおりです。 もし自分ならクレームをつけるのも面倒だからと言わずに済ませるか、本当に嫌なら二度と行かないかのどちらかです。 そう思えるようになってからはあまり落ち込むこともなくなりましたし、クレームにつながらない仕事ができるようになりました。 物は考えようで、一人前になるにはクレームとどう向き合うかというのも一つのキーポイントです。

HOMEはこちら


  • 映画とは違う小説の良さとは
  • 筋肉増強を主軸にしたダイエット
  • カテキン高配合のお茶の魅力
  • オーブンがあることでものすごく幸せ
  • 学校の授業を楽しくすることが大事
  • 映画を見ながら思うこと、考えること
  • かわいすぎる家族
  • ペットにとって頼もしい存在の動物病院
  • 何を求めて釣りに行くのか
  • コーディネートの基本とインテリア類の高さについて
  • 温、冷ダブル洗顔でスキンケア
  • 冬の冷たい空気で喘息がでます
  • 効果があるから続いてます
  • ヘアサロンでのヘアメイク
  • クレームとの向き合い方
  • ストレスは様々な病気を招く
  • スキンケアに力をいれています
  • 一流ブランドのカジュアルバッグ
  • 銀行の高性能キャッシュカード
  • バストアップで起こる良い事について
  • この夏はアロハシャツに挑戦しよう
  • 中古車にとっての走行距離は車の売値料金の査定
  • 男の脱毛サロン体験談
  • ATMからや銀行振込等により一部金ないしトータルについて
  • キャッシング申し込みはポイントサイトから
  • きっちりと分かっているんだといった方がたくさんいるだと考えていますが
  • 体型は元通りとなって終わるのです
  • それだと難しいはずです
  • ですけれども通常世帯では
  • 忘れてはいけないのです
  • こうした返済というの
  • 世界の国々においては多くの種類の金が利用されており
  • 高い水準のカードローンというのができるものだったりします
  • 企業に直接行き説明を聞くことでも対応を見ることができ
  • 当の本人が申告しておかなければ把握できないはずです